【健康・美容】カテキンの摂取で得られる5つの効果!

【健康・美容】カテキンの摂取で得られる5つの効果!

カテキンを効果的に摂取する3つのポイント

効果

カテキンの摂取で得られる効果とは!?

 

健康や美容面で様々な効果を期待できるカテキン。
こちらでは、カテキンの主な効果5つについて詳しくご紹介しています。

 

 

 

摂取時の注意点

カテキンを効果的に摂取するには!?

 

こちらでは、カテキンの副作用・効果的な摂取量・摂取方法についてご紹介しています。

 

 

 

サプリ・お茶

カテキン配合のサプリ・お茶、おすすめはどれ!?

 

こちらでは、市販・通販で人気の高いサプリ・お茶を厳選し、ご紹介しています。

 

 

 

 

 

【万能効果】エピカテキン・エピガロカテキン・エピガロカテキンガレート

古くから、お茶は体に良いとされ現代では、お茶の成分の一つ一つの作用が明らかになり、身体によい理由が科学的にも示されつつあります。

 

茶カテキンが虫歯予防、葉緑素などは口臭除去に効果があると聞かされると、手頃な値段の茶葉でいれた食後のお茶にも、ちょっと深みを感じるものです。

 

茶カテキンは、お茶に含まれるポリフェノールの一種。

 

単一の成分ではなく、エピカテキン、エピガロカテキン、エピガロカテキンガレートなどを総称して「茶カテキン」と呼ばれています。

 

広い意味では「タンニン」とも言われていますが、タンニン(縮合型、及びエステル型のカテキンを分子内に含む高分子化合物)と異なり、フラバン3オールを基本骨格とする、低分子化合物を示すこともあります。

 

茶葉にはエピカテキン(EC)1〜3%と、その没食子酸エステル(ECG)3〜6%、エピガロカテキン(EGC)3〜6%とその没食子酸エステル(EGCG)7〜13%、およびその立体異性体であるカテキン(C)1〜2%、ガロカテキン(GC)1〜3%の計6種、総量16〜33%(乾燥重量当たり)が含まれています。

 

いずれも強い抗酸化作用を示すほか、とくにエピカテキンやエピガロカテキン類は抗癌、抗菌、抗動脈硬化作用など様々な生物活性をもちます。

 

緑茶の効果が体に良いといわれているのは、こう言った理由があったからなのですね。

 

また、緑茶のうまみ成分である「テアニン」が低い温度(60℃程度)で溶けだすのに対して、渋みや苦みの成分である「茶カテキン」は高い温度(80〜90℃)で抽出されます。

 

熱いお湯で急いで入れた緑茶に多少苦味を感じるのはこのためです。

 

 

 

信頼性が高い成分「カテキン」

茶カテキンは、近年「体脂肪が気になる方」の特定保健用食品の関与成分としても認められ、生活習慣病予防という点でも注目を集めています。

 

体脂肪を低減させるメカニズムとしては、肝臓にある脂肪を燃やす酵素(β酸化系酵素)を活性化させ、脂肪の燃焼やエネルギーの消費を促すからではないかと考えられています。

 

ただし、1日540mg程度の茶カテキンの継続摂取と、軽い運動を一緒に行うことが必要です。

 

茶カテキンは「摂るだけで脂肪が燃えるのではなく、効率よく燃やすことに役立つ成分」ということ理解し、上手に利用するようにしましょう。

 

 

 

一般的なお茶のカテキン含有量

普通に入れたお茶1杯には、80〜100mg前後の茶カテキンが含まれていると言われています。

 

 

 

  • 【煎茶(1杯中)】15〜30r
  • 【カテキン緑茶1本(350ml)】197r

 

 

 

体脂肪を低減させるために必要な茶カテキン量540mgくらいなら、日常生活の中でも摂取できそうな量に思えるのですが、気をつけていただきたいことがあります。

 

お茶にはカテキンだけでなく、カフェインも一緒に含まれています。

 

お茶に含まれるカフェインは、コーヒーなどに含まれるものより「マイルド」になっているので、就寝前に飲んだとしても基本的に問題ありません。

 

しかし、敏感な体質の方は、眠れなくなったり、イライラしてしまったりする場合もあるようです。

 

また、カフェインの過剰摂取が続くと、カフェイン離脱頭痛を起こす可能性もあり、抗うつ薬や喘息の治療薬など、服用中の薬剤によっては、その作用や症状に影響を及ぼすことも考えられます。

 

このような心配のある方、カフェインに敏感な方は、低カフェインのお茶や、カテキン配合サプリを選んだりすると良いでしょう。

 

低カフェインのお茶でおすすめなのは「白井田七茶」という有機栽培で作られた緑茶です。

 

白井田七茶の副作用はとくに報告されていないので飲み続けるなら、こういった質の良い緑茶をオススメします。

 

⇒【低カフェイン】緑茶成分を丸ごと摂れる話題のカテキン茶とは!?

 

 

 

 

 

三食を完全にダイエット食に置き換える

フィットネスジムに行き続けるには時間と手間が必要なので、時間がない人には簡単な事ではないかと思われますが、ダイエットしたいと言うのであれば、絶対痩身のための運動を実施しなくてはいけないと思います。

 

ダイエット目当てで定期的に運動をするという人は、適量を飲むだけで脂肪燃焼パワーが高まり、運動効率を良くしてくれると巷で評判になっているダイエット茶の利用を検討してみてください。

 

基礎代謝をアップしてぜい肉がつきにくい身体を手に入れることができれば、少しくらい摂取カロリーが高めでも、少しずつ体重は絞られるのが普通なので、フィットネスジムを利用したダイエットが有益です。

 

「ダイエットに挑戦したいけど、自分一人だけでは日常的に運動をするのは自信がない」と考えている人は、ジムに入会すれば同じくダイエットを目標にした仲間が多くいるので、モチベーションを維持できると思います。

 

スムージーダイエットであれば、人体に必要不可欠な栄養分はちゃんと調達しながらカロリーを低減することが適いますので、体への負荷が少ない状態でダイエットできます。

 

海外の女優やモデルも好んで食していることで一躍話題となったチアシードは、少々しか食さなくても満腹感を得られるということから、ダイエットを目標に頑張っている人に適していると言われています。

 

近年話題のチアシードは、オメガ3脂肪酸の代表であるαリノレン酸や貴重な必須アミノ酸を多く含んでおり、少量でも飛び抜けて栄養価が豊富なことで評判の食用の種子です。

 

三食を完全にダイエット食に置き換えるのは現実的ではないだろうと思われますが、一食分なら苦しさを感じることなく長い時間を掛けて置き換えダイエットを続けることが可能なのではと思われます。

 

EMSと申しますのは、電気刺激をストレートに筋肉に与えることで強引に筋肉を収縮させ、結果的に筋力が強化され、脂肪の燃焼を後押ししてダイエット効果を目論むものです。

 

美ボディを構築するために必要なのが筋肉で、そういう意味からも人気を集めているのが、脂肪を落としつつ筋肉を身につけられるプロテインダイエットなのです。

 

ダイエット茶は習慣的に飲むだけで老廃物を排出するデトックス効果が期待できますが、ダイエット茶だけで細身になれるというわけではなく、加えて食事制限も実施しなくてはならないでしょう。

 

EMSを使えば、テレビドラマを見たりとか雑誌を見ながら、更にはスマホ片手にゲームをやりながらでも筋力をUPさせることができると評されています。

 

体重を落としたいなら、ノーカロリーのダイエット食品を食する以外にも、運動も実施して、脂肪燃焼量を加増することも必要不可欠です。

 

チアシードは、下準備として水に漬けて10時間以上かけて戻していくのですが、フレッシュジュースに投入して戻せば、チアシード全体に味が染みこむので、濃厚な美味しさを楽しめるでしょう。

 

今注目のスムージーダイエットは、置き換えダイエットの王道として浸透している方法で、実際に実践している売れっ子のタレントやモデルが少なくないことでも話題をさらっています。

 

 

 

人気の酵素ダイエットでファスティング

ヘルシーなダイエット食品を買って適宜摂取するようにすれば、いつもドカ食いしてしまうという方でも、日常生活におけるカロリー制限は比較的容易です。

 

ほっそりした人に総じて言えるのは、何日間かでそのスタイルができあがったわけではなく、ずっとボディラインを保持するためのダイエット方法を休むことなく実践しているということなのです。

 

ジムを利用してダイエットするのは、脂肪を燃焼させながら筋力をつけることができるというメリットがあり、なおかつ代謝力も上昇するため、回り道になったとしても他より着実な方法と言われています。

 

酵素ダイエットだったら、ファスティングも手間なくこなすことができ、基礎代謝も高めることができるので、痩せやすい体質を知らず知らずのうちに手に入れることができるとされています。

 

脂肪を減らしたいなら、カロリーオフのダイエット食品を利用するのはもちろん、適切な運動を実施して、カロリー消費を増加させることも欠かせないでしょう。

 

手っ取り早くスタートできるとしてブームになっているスムージーダイエットなら、日頃の朝食をスムージーに置き換えれば、確実にカロリーの摂取量を節制することができるため、体重のコントロールにぴったりです。

 

置き換えダイエットをスタートするなら、野菜と果物を材料としたスムージーや酵素入りのドリンクなど、栄養素潤沢かつカロリー控えめで、更に手間なくこれから先も続けることが可能な商品が不可欠です。

 

今話題のプロテインダイエットは、体についた脂肪を燃やしつつ、一緒に筋肉をつけることで、絞り込んだ魅力的な体つきを作り上げられるというダイエット法です。

 

ダイエットに励む女性にとって困難を極めるのが、空きっ腹との戦いでしょうが、それにケリを付けるための救いの神となるのがスーパーフードの一種であるチアシードです。

 

「食べられないのがつらくて、毎度ダイエットをあきらめてしまう」と四苦八苦している人は、手間なく作れる上に脂肪が少なくて、栄養素の含有量も多く満腹になりやすいスムージーダイエットが有効です。

 

ダイエット茶は飲み続ければ体重が減少するといった都合のよいものでは決してなく、実際はダイエット活動をサポートする役所ですから、有酸素運動や食事の節制は必要です。

 

人気の酵素ダイエットでファスティングをする場合、使われている成分や料金をしっかり対比してから、どの酵素ドリンクを選べばいいのか決断しなくては失敗します。

 

「内蔵についた脂肪を燃焼させ、増えたBMI値を引き下げるのでダイエットに適している」という認識が広まり、母乳などに含まれる乳酸菌・ラクトフェリンが近年注目を浴びています。

 

太りにくい体質をものにしたいなら、代謝を活性化することが必須で、そういう意味では積もり積もった老廃物をデトックスできるダイエット茶がうってつけです。

 

運動が不得手な人やスポーツするための時間を作るのが困難な人でも、筋力トレーニングを実行することなく筋肉を鍛えることができるというのがEMSの長所です。