【風邪気味・喉の痛み】カテキンの風邪予防の効果

【風邪気味・喉の痛み】カテキンの風邪予防の効果

【風邪気味・喉の痛み】カテキンの風邪予防の効果

カテキンには強い殺菌効果があり、風邪やインフルエンザの水分補給に緑茶や抹茶が適しています。

 

喉の痛みが強い時には「緑茶うがい」という方法もあり、これはカテキンの殺菌作用を活用したものです。

 

うがい用として緑茶を使う際には、この成分をそのまま摂取するわけではありませんので、普段飲んでいるお茶を2〜3倍に薄めて微温湯ぐらいの温度で行うようにしましょう。

 

オフィスなどの環境でも使える方法ですので、インフルエンザを含めた予防を行いたい人にはお勧めです。

 

ポリフェノールの一種とされるカテキンには、インフルエンザなどにも効果を発揮する抗ウイルス作用もありますので、ウイルスの働きが活性化している風邪の引き始めには、たくさん飲んだ方が良いと言えるでしょう。

 

 

 

カテキンで食中毒予防

激しい下痢や嘔吐、腹痛、発熱などの症状が起こる食中毒は、食事の時に体内に有害な菌が体内に侵入し、毒素を出すことによって起こります。

 

有害な物質が侵入したことに反応した体が、下痢や嘔吐などによって、有害物を体外へ排出しようとするわけです。

 

腹痛や発熱は、毒に対して体内組織が抵抗することから起こる反応です。

 

カテキンは、この食中毒にも効果が期待できます。

 

 

 

抗菌と抗毒

カテキンには、細菌が繁殖するのを防ぐ抗菌性と、細菌が出した毒素を無毒化する抗毒効果という、2つの働きがあるからです。

 

この作用は普段飲んでいるお茶一杯分のカテキンの量で、十分効果があることも実験からわかっています。

 

海外旅行によくあるトラブルに、土地の水が合わないということがありますが、ティーバッグになったお茶やカテキンサプリなどを携帯しておくと安心です。

 

 

 

風邪に効果的なカテキンの摂取量

1日3杯のお茶を飲めば、風邪の予防に効果的なカテキンが摂取できます。

 

ウイルスに冒されている間は胃腸も弱っていますので、あまりにも濃いお茶をたくさん飲むのではなく、食事の合間にゆっくりと少しずつ飲むのが理想的です。

 

 

 

副作用がないから安心

市販の風邪薬にはさまざまな副作用があるとされていますが、カテキンには殆ど悪影響がありません。

 

体調が悪い時だからこそ自然の成分に頼った方が、体への負担もかからず、悪化を防げる利点があると言えるでしょう。

 

 

 

潤い効果で喉にも優しい

喉の粘膜に潤いを与える効果もありますので、飲用が難しい場合でも、定期的な緑茶うがいを習慣にしていきましょう。

 

風邪はひき始めが大事とされていますので、発熱や喉の違和感を覚えたら、早めにお茶を使って症状を抑えるようにしてください。

 

 

 

以上、【風邪気味・喉の痛み】カテキンの風邪予防の効果についてご紹介しました。

 

他にも「【インフルエンザ予防・対策】カテキンの抗ウイルス効果」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【低カフェイン】緑茶成分を丸ごと摂れる話題のカテキン茶とは!?


関連ページ

インフルエンザ
インフルエンザ予防・対策に効果的なカテキンの抗ウイルス効果について掲載しています。
花粉症・アレルギー
花粉症予防・改善に効果的なカテキンの抗アレルギー効果について掲載しています。
高血圧
高血圧予防・改善に効果的なカテキンの血圧上昇抑制の効果について掲載しています。
ダイエット
ダイエットに効果的なカテキンの脂肪燃焼・吸収抑制の効果について掲載しています。