【インフルエンザ予防・対策】カテキンの抗ウイルス効果

【インフルエンザ予防・対策】カテキンの抗ウイルス効果

【インフルエンザ予防・対策】カテキンの抗ウイルス効果

緑茶に含まれるカテキンがインフルエンザに高い効果を発揮するということで、人気番組・ためしてガッテンや、雑誌・わかさなどで、その詳細が紹介されるようになりました。

 

 

 

インフルエンザウイルスの増殖抑制・吸着作用

緑茶に含まれるカテキンはポリフェノールの一種で、インフルエンザウイルスの吸着や増殖を抑制するということで、非常に良質な成分として認められるようになっています。

 

茶カテキンはウイルスの表面に付着し、その働きをブロックするのと同時に体内の細胞にも付着し、コーティングのような役目をするため、ウイルスの感染をそのものも防いでくれます。

 

感染力の強いインフルエンザウイルスに対しても効果を発揮するため、通常の風邪の菌に対しても有効であるとされています。

 

飲用だけでなく緑茶うがいという方法でもインフルエンザ予防ができるということで、薬剤を使わず喉や口内の雑菌ができるという点でも、様々なメディアで紹介される存在となっているのです。

 

 

 

インフルエンザに効果的なカテキンの摂取量

インフルエンザ予防に効果的な摂取量は1日あたり煎茶14〜15杯とされていますが、濃いめのお茶であれば、10杯程度の飲用でも十分なカテキンを体内に取り入れることができるでしょう。

 

幼い子供や病人、高齢者の皆さんには少しカテキンが強いと感じられることもあるかもしれませんが、その場合は煎茶をお湯で薄めて飲めば問題ありません。

 

 

 

もっと気軽にカテキンを摂取する方法

近年では、カテキン量に着目したペットボトルタイプの緑茶も販売されるようになりましたので、自宅でゆっくりお茶を飲む暇のない人は、外出先で摂取することも可能です。

 

カテキンには同時にカフェインが含まれていることが多いので、表示成分や含有量をチェックしておき、カフェインに弱い人は、朝から夕方までの間に適量を飲むようにしてください。

 

カテキンのサプリメントもドラッグストアなどで販売していますので、緑茶の風味が苦手な人は、サプリメントという選択肢を入れても良いでしょう。

 

 

 

以上、【インフルエンザ予防・対策】カテキンの抗ウイルス効果についてご紹介しました。

 

他にも「【花粉症予防・改善】カテキンの抗アレルギー効果」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【低カフェイン】緑茶成分を丸ごと摂れる話題のカテキン茶とは!?


関連ページ

風邪
風邪気味・喉の痛みに効果的なカテキンの風邪予防の効果について掲載しています。
花粉症・アレルギー
花粉症予防・改善に効果的なカテキンの抗アレルギー効果について掲載しています。
高血圧
高血圧予防・改善に効果的なカテキンの血圧上昇抑制の効果について掲載しています。
ダイエット
ダイエットに効果的なカテキンの脂肪燃焼・吸収抑制の効果について掲載しています。