【肝臓障害】カテキンの過剰摂取で報告されている副作用

【肝臓障害】カテキンの過剰摂取で報告されている副作用

【肝臓障害】カテキンの過剰摂取で報告されている副作用

カテキンに限らず、どんな栄養成分でも「過剰摂取は避けるべき」というのが一般的な常識です。

 

カナダでは、大量の茶カテキンを摂取し続けた42歳の女性が、肝機能障害を起こしたという被害が報告されています。

 

アメリカでも「空腹時に飲むと有害な影響が出やすく、性別では男性よりも女性に多く影響が見られる」との報告をしています。

 

日本で高濃度茶カテキン飲料を発売している会社では、他のペットボトル緑茶飲料と異なる350mlのコンパクトな容量にすることで、日本人に適した安全なカテキン量を定義し、最終的にトクホ飲料として承認されるようになりました。

 

大手メーカーでも安心してカテキンを摂取できるよう、さまざまなデータのもと、製品を開発しています。

 

あまり敏感になり過ぎず、以下の「花王の高濃度茶カテキンの安全性に関する回答」を参考にカテキンを摂取すると、なお安心です。

 

⇒花王の高濃度茶カテキンの安全性に関する回答

 

 

 

カテキンの効果的な摂取方法

確かにカテキンの過剰摂取は、胃や腸を荒らす可能性はゼロではありませんが、高濃度カテキン飲料のように「食後に飲むことで血糖値の上昇を穏やかにする」というキャッチフレーズに従えば、カテキンによる健康被害や副作用は起こらないと言えます。

 

前述のとおりどんな有効成分でも、過剰摂取は体内に何らかの悪影響をおよぼすので、高濃度カテキン飲料であれば1日1本、一般の緑茶であれば多くても10杯程度、という制限を設けることが、被害ではなく効能を実感できる適量になるでしょう。

 

肝臓被害の起こったカナダやアメリカでは、高濃度カテキンの発売禁止という制限が設けられていますが、日本国内では実験や研究を繰り返した上で、販売を許可している実情もあり、国内での副作用報告は確認されていません。

 

こういった不安な報告もある中、過剰に摂取をしなければ非常に有効な成分である、という結果も報告されています。

 

 

 

以上、【肝臓障害】カテキンの過剰摂取で報告されている副作用についてご紹介しました。

 

他にも「【タイミング】カテキンの効果的な摂取方法」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【低カフェイン】緑茶成分を丸ごと摂れる話題のカテキン茶とは!?


関連ページ

摂取方法
カテキンの効果的な摂取方法について掲載しています。