【タイミング】カテキンの効果的な摂取方法

【タイミング】カテキンの効果的な摂取方法

【タイミング】カテキンの効果的な摂取方法

糖尿病や更年期障害、風邪などさまざまな症状に効果的なカテキンですが、飲み方の注意点は、一気にたくさん摂取しないことです。

 

あまりにも大量の成分を体内に入れると、胃や腸を荒らすこともありますので、なるべく空腹時を避けて、少しずつ飲むという最適な飲み方を実践してみてください。

 

 

 

カテキンを飲むタイミング

カテキン含有のお茶を飲むタイミングとしては、基本的に昼を中心に考えた方が良いでしょう。

 

高濃度茶カテキン飲料であれば昼食後が最も高い効果を発揮しますし、一般の緑茶の場合は、目覚めに一杯飲むことによって、脂肪を燃焼しやすい状態で1日を過ごせるメリットがあります。

 

朝はほとんどの人が空腹である状態なので、なるべく薄めのお茶を飲んだ方が体に負担がかかりません。

 

 

 

お茶を飲む時間がない方にオススメの摂取方法

忙しい毎日を過ごしてる人は、夜ぐらいしかお茶を飲む時間がないケースもあるでしょう。

 

カテキン自体は午後や夕方以降に飲んでも問題がありませんが、緑茶に含まれるカフェインで覚醒することもありますので、適度に摂取ができないライフスタイルの場合には、お茶ではなくサプリメントを利用するのもお勧めです。

 

仕事や生活によって変わってくる飲むタイミングですが、基本的には朝から夕方までの間にお茶を飲む習慣をつけるのは最適だと言えるでしょう。

 

この方法が取り入れられない場合は、仕事の休憩時間に高濃度茶カテキン飲料を取り入れたり、サプリメントや粉茶をオフィスで飲んだりというのも近年人気の高いスタイルとなっています。

 

 

 

以上、【タイミング】カテキンの効果的な摂取方法についてご紹介しました。

 

他にも「【肝臓障害】カテキンの過剰摂取で報告されている副作用」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【低カフェイン】緑茶成分を丸ごと摂れる話題のカテキン茶とは!?


関連ページ

副作用・摂取量
カテキンの過剰摂取で報告されている副作用について掲載しています。